クリックすると全体が表示されます

作品の紹介

  1. 作品ナンバー: ⑥-3
  2. 施設名:デイサービス所沢けやき
  3. 作品タイトル:はるかのひまわり
  4. 制作者:デイサービスのご利用者
  5. 制作者人数:40人
  6. 制作者平均年齢:83歳

 投票は1つの端末につき1回まです。こちらの作品でよろしいですか?

1回投票するとキャンセルはできませんのでご注意ください。

[reaction_buttons]

作品のアピールポイント

社会福祉法人みなわ会が参加している「はるかのひまわりプロジェクト」自家農園には今年もたくさんのひまわりが咲いています。
デイサービスの中にもひまわりをとご利用者の皆さんと作りました。
お花紙を重ね、端を切ってひまわりの花びらを作り、花芯の部分も同様に作ります。少し違う色のお花紙も入れて重ねました。葉っぱは折り紙を葉の形に気って頂きました。可愛いミツバチもいますよ!お花紙を丸めて羽を付け、顔も書いてあります。何匹いたか見つかりますか?

施設での取り組み

・平成31年の新年に歌会始めで陛下がひまわりのことを詠まれたニュースを見て、その後に埼玉新聞(1月22日)の記事で「はるかのひまわり」のことを知りました。調べると「はるかのひまわりプロジェクト」があり、誰でも参加できるとのことが分かり、社会福祉法人みなわ会でプロジェクトに参加し、種をもらい毎年自家農園で育て多くの方に繋げてきました。

・社会福祉法人みなわ会では各事業所で『はるかのひまわり絆プロゼェクト』を広める活動に参加しています。けやきの自家農園でもたくさんのひまわりが咲き、近隣の方や関係者の方に種を配ってきました。今年の作品展ではパンフレットと一緒にひまわりの種を多くの来場者の皆様に配ることが出来ました。コロナ禍で行事が出来ず、なかなか種を配布する機会がなかったのですが、作品展ではたくさんの方に配布できたので、受け取った皆様から来年は更に広がると期待しています。